()トップページの本文()

第7回 盲ろう者のビッグステージ in Osaka 2019
祝 すまいる設立二〇周年令和からの新たなスタート


PDFはこちらから


日時

9月29 日(日) 11:00~16:00 (受付10:30~)




会場


国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
〒590-0115大阪府堺市南区茶山台1-8-1

→GoogleMapはこちら


TEL:072-290-0900
FAX:072-290-0920

 

 

 

 

 



参加費

当日券 3,000円 前売券 2,500円 (小学生以下、無料)

※イベントの内容が一部変更されることもあります。


主催

NPO法人ヘレンケラー自立支援センターすまいる


企画運営

第7回盲ろう者のビッグステージ in Osaka 2019 実行委員会


協力

劇団アルフェージュ

日本障がい者空手道連盟

Sparkle

カイザーゼニヤ

駿台観光&外語ビジネス専門学校

昇陽高等学校

株式会社アイフレンズ

有限会社千里福祉情報センター その他


後援

天王寺区

社会福祉法人大阪府社会福祉協議会

一般社団法人大阪市視覚障害者福祉協会

NHK大阪放送局

朝日新聞社

毎日新聞社点字毎日

読売新聞社


後援申請中

大阪府

大阪府教育委員会

堺市

社会福祉法人全国盲ろう者協会

全国盲ろう者団体連絡協議会

読売テレビ

毎日放送

その他


主な出演者



劇団アルフェージュ(代表:高柳ゆかり)


2010年2月、一般市民が集い、栃木県宇都宮市で結成。

2011年2月第1回「ヘレンケラー」を上演。

盲・聾・唖の三重苦の障害を持つアメリカの社会福祉家、ヘレンケラーの生涯を綴るこの舞台は、栃木県内外に大きな反響を及ぼし、再演の声が各方面で絶えない。

その後、ヘレンケラー専門劇団として活動、今年で9年目を迎える。

今、「奇跡の人」だけを上演する劇団として国内で話題を呼んでいる。




鳴瀬勝利(なるせかつとし)


1962年生まれ。大阪府出身。

少林寺会空手道連盟連合会 会長。

日本障がい者空手道連盟 道主。

大阪市東淀川区発達障がいサポーター。

大阪市教育振興公社・いきいき指導員。

運動機能障がい・知的障がいを持つ子の父親。



Sparkle(スパークル)


2016年より絵梨、まみ、真帆の3名で構成されたタップダンスチーム。タップダンスを主軸に各自のダンスや舞台経験を活かし、個性が一つの輝きとなるような演技を目指す。

現在はチームでのティーチングや関西タップフェスティバル等、タップダンスの魅力を感じてもらえればと、関西を中心に活動中。



<すまいる沿革>

目と耳の両方に障害を抱える盲ろう者を支援する専門施設。

1999年 盲ろう者の主体性を尊重すべく「盲ろう者の人権を守る会すまいる」を立ち上げる。

2000年 「創立1周年記念イベント」開催。

2001年 NPO法人の認証を受ける。「NPO法人視聴覚二重障害者福祉センターすまいる」へ。

2006年 すまいる設立7周年記念大会「第4回盲ろう者のビッグステージ in OSAKA 2006」開催。

2007年 自立支援法による「就労継続支援B型事業」に移行。

2014年 「すまいる設立15周年記念大会」開催。

2017年 日本初盲ろう者専用グループホーム「すまいるレジデンス for the DeafBlind」を設立。

2018年 名称変更。「NPO法人ヘレンケラー自立支援センターすまいる」へ。


<交通アクセス>

<最寄駅>

泉北高速鉄道「泉ケ丘駅」で下車。徒歩約3分。


<電車でお越しの場合>

JR大阪駅から(所要時間:約50分)

地下鉄梅田駅から(所要時間:約40分)

各線難波駅から(所要時間:約35分)

<車でお越しの場合>

神戸方面:魚崎浜IC~太平寺出口(所要時間:約50分)

京都方面:京都南IC~堺IC(所要時間:約40分)

奈良方面:宝来IC~堺IC(所要時間:約35分)

関西国際空港:助松JCT~太平寺出口(所要時間:約40分)

※有料駐車場あり


<スポンサーリンク>