()トップページの本文()

>>今までの活動風景

「すまいる講演会」



6月2日(土)の午後から「すまいる講演会」を開催しました。講師は奈良県在住の弱視ろう、井戸上勝利さんです。井戸上さんはすまいるにも何回か遊びに来てくれていてすまいるの仲間にはおなじみの人です。講演会には県外の方も多数参加され、井戸上さんの人気ぶりがうかがえました。

「盲ろう者として、そして父として」をテーマに、ご自身の生い立ちから盲ろう者としての活動、趣味の旅行やマラソンの話、子育ての苦労話まで、大いに語ってくれた井戸上さん。何にでも積極的に挑戦する井戸上さんの姿勢に、大いに刺激を受けたすまいるメンバーなのでした。

--------------------


「交流してきました」



6月12日(火)と15日(金)、「駿台観光&外語ビジネス専門学校」に行ってきました。この学校に通う学生さんは全員手話を習っていて、毎年お招きを受け、交流を続けています。

1年生の学生さんはまだまだ手話がぎこちなく、盲ろう者との会話に四苦八苦。それでも通じた時は最高の笑顔を見せてくれました。

2年生ともなるとさすがに慣れたもの。去年交流した盲ろう者の事も覚えていてくれて会話も盛り上がります。学生のみなさん、社会にでて盲ろう者と出会ったときはぜひ勇気をもって話しかけてくださいね!そしてこれからも頑張ってください!

--------------------


「ボッチャ体験」



6月14日(木)長居障がい者スポーツセンターの体育館をお借りして、「ボッチャ体験」を行いました。盲ろう者と通訳介助者がペアになり、全4チームのリーグ戦。弱視の方や晴眼者もアイマスクを付けて挑戦しました。

投げる前に、的の白いボールがどのあたりにあるのか、歩いて確かめます。だいたいの距離をつかんだ後、方向を教えてもらって投球。的に近いペアの勝利となります。カーリングのように対戦相手のボールにあてて、遠くへ飛ばしてしまうのもあり。平昌オリンピックで銅メダルを獲得した「LS北見」ばりのショットを見せてくれた盲ろう者もいて、大盛り上がりの体験となりました。

--------------------